第56代横綱で、引退後は年寄・間垣となった元大相撲力士の「(二代目)若乃花幹士」さん。プライベートでは、師匠であった初代・若乃花親方の長女・幸子さんと結婚しています。 花田 虎上 (はなだ まさる、1971年 1月20日 - )は、日本のタレント、スポーツキャスター、実業家。 元大相撲 力士で、第66代横綱の3代目若乃花。 本名、花田 勝(はなだ まさる) 。 東京都 杉並区出身で、同中野区育ち(1982年以降)。 元二子山部屋(入門時は藤島部屋)所属。 阿炎は今場所で二場所目の出場停止というところだけど、 本名:下山勝則(しもやまかつのり) 巡業先に当時では珍しいルイ・ヴィトンのバッグを下げて、本当に目を見張るほど綺麗な人だったと、当時を知る親方も語っています。, ただ、なかなか先代に独立を許されず、1983年12月に二子山部屋から分家独立した際には、銀座のお店も売って尽力した美輪さん。 第56代横綱の二代目若乃花(若三杉)について。 現在20代の僕は、若三杉がすっごいイケメンな力士だった事をテレビや雑誌を見て知ったのですが、周りの相撲にそこまで関心がない年上の人たちに「若三杉って男前だったでしょ?」と.


職業:元大相撲力士 若乃花幹士 (初代) - 第45代横綱。 花籠部屋所属。 栃錦清隆とともに「栃若時代」を築いた。本名は花田勝治。 若乃花幹士 (2代) - 第56代横綱。 二子山部屋所属。初代の弟子。本名は下山勝則。 それなら、今場所休場してもなお、来場所も休場できて... 嘉風が市を許す考えから一転、提訴に踏み切った理由ってなんだったんですか?先日フジテレビバイキングでやってました。. そんなに早く終了すると悲しいです( ; ; ). (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 2014年に行われた「第39回ホリプロタレントスカウトキャラバン」にて、グランプ…, 俳優に司会者、映画監督なども務めるウッチャンナンチャンの「内村光良」さんは、かつ…, 1980年にリリースした「みちのくひとり旅」が大ヒットしたことがきっかけで、一躍…, 1980年にデビューをしてから今日まで、第一線で活躍し続けている「松田聖子」さん…. 皆、実際にはわかっていたのですが、決め手がありませんでした。, 唯一、二人の結婚に関してコメントしたのが、幸子さんの母親で親方夫人の香代子さんでした。, 今年(1980年)の初場所が横綱になって10場所目に当たりましたので、その後、安西会長を中心に煮詰めていき、今度のような手順が決まったわけです。私としても、やっとこれで肩の荷がおりたような感じです。何しろ足かけ4年越しの噂で、あれこれ書かれるのは人気がある証拠で仕方がないんですけど、女の方は苦しいですからね。もちろん、結婚したい気はあったし、私たちとしてもできるのなら結婚させたいと思ってはいましたけど、娘もまだ若かったし、ここ3年間ほどは辛かったようです。, 相撲取りのおかみさんとして大切なことは、土俵以外のことで夫に気を使わせないことと、後は夫の健康管理、この二つに尽きると思います。その点、うちの娘は小さい時から部屋の中で育ち、特に学校(共立女子短大)を卒業してからは部屋の手伝いをしてくれていて、私や親方の生活ぶりを見ていますから、何も教えなくてもその辺は肌で感じていると思います。特にうちの親方は、かなり古風でロやかましい方で、娘と言えども、食事の作り方から礼儀作法まで、気に入らないことは遠慮なく怒鳴りつけていましたから、そういう面でのおかみさん修行も一通り積んでいるんじゃないでしょうか。若いと言っても、私たちが結婚した時、親方は23でしたから、それに比べれば二人とも大人ですよ。特に、今年になってから幸子がとてもしっかりしてきたような気がしまして、そういう意味でも、ちょうど時期が熟してきたという気がしています。, さっちゃんも横綱も子供の頃から知っているが、二人とも欠点のないのが欠点というほどの三国一の花婿花嫁だ。ただ、若乃花の場合、いい成績を残さないと結婚した意味がない。北の湖時代などと言わずに、この結婚を機に若乃花時代を作れというのが我々の願いだね。, さて、その後の二人ですが、しばらくすると別居状態になり、その後は離婚してしまいます。 出身:青森県南津軽郡大鰐町, 若乃花さんと幸子さんの結婚スケジュールは、1980年の5月場所の千秋楽の夜に、東京都杉並区阿佐ヶ谷の二子山部屋で行われた打上式の席上で、安西浩後援会長(当時:東京ガス会長)から発表されました。, その発表よると、5月27日に結納と婚約発表の記者会見が行われ、結婚式は、9月場所後の10月3日にホテルニューオータニで、安西会長夫妻の晩酌で行われることが明らかになったのです。, 実はこの噂は若乃花(若三杉)さんが大関昇進(1977年1月場所後)前後から出ていました。 花田 虎上[注釈 1](はなだ まさる、1971年1月20日 - )は、日本のタレント、スポーツキャスター、実業家。元大相撲力士で、第66代横綱の3代目若乃花。本名、花田 勝(はなだ まさる)[1]。, 東京都杉並区出身で、同中野区育ち(1982年以降)。元二子山部屋(入門時は藤島部屋)所属。父は貴ノ花利彰、母は藤田紀子、弟は貴乃花光司、伯父は若乃花幹士。血液型はB型。既婚(再婚)。, 1971年1月20日に貴ノ花利彰の長男として生まれる。人当たりのよい性格で話術にも長け、力士時代から「お兄ちゃん」の愛称で親しまれている。, 車やバイク好き[4]としても知られ、ポルシェ911GT3、トヨタ・クラウンマジェスタ、ダッジ・チャージャーなど約30台ほど乗り継いでいる。, 上背はなかったものの、強靭で巧みな足さばきを生かして多彩な技を繰り出し、技能派の名人力士として知られた。また容姿や相撲の内容は実父・貴ノ花利彰よりも伯父の初代若乃花を彷佛とさせた。下半身が非常に筋肉質であり、奉納土俵入りの後ろ姿が、筋肉隆々な出で立ちで有名だった千代の富士貢のものとして誤った形でインターネット上で拡散されたほどである(実際は千代の富士は雲竜型だったため、判別は容易である)。, 「最大の企業秘密」として現役中は徹底して隠し通されていた点があり、入門前から左の股関節が弱かったため、「左を差されて前に出られる相撲」など左の股関節に負担がかかる体勢を苦手としていたとのこと[5][1]。, 入門に当たって、父である藤島親方からは「今日限りお前たちとは親方と弟子になる。パパとママの呼び方は許さない。親方とおかみさんだ。わかったな」と言い放たれ、若貴兄弟が両親に存在を認めてもらうには稽古を重ねて早期に関取になるしかなかった[6]。, 1988年3月場所、四股名若花田として初土俵。「花の六三組」の一人で、弟の他、曙・魁皇らと同期入門だった。初土俵以降順調に出世するも、1989年11月場所で史上最年少関取となった貴花田には一歩出遅れたが、若花田も弟の後を追いかけるように1990年3月場所で新十両となる。同年9月場所には新入幕を果たした[6]。, 入幕して最初の頃は、天性の勝負勘と強靭な足腰で相手の攻撃を凌いで技を繰り出して勝つという勝ち方が多かったが、1992年後半頃からおっつけに磨きがかかるようになり、成績も伸びていった。1991年9月場所2日目には、前頭3枚目の地位で横綱旭富士を右上手投げで破り初金星を獲得し、同9月場所は自身初の三賞(殊勲賞・技能賞)を受賞[6]。さらに1992年1月場所3日目も、前頭筆頭の地位で再び旭富士を右下手投げで下し、2個目の金星を獲得。なお横綱旭富士は同1月場所で進退を掛けたが初日から3連敗を喫し、この若花田(当時の四股名)の敗戦を最後に現役引退を表明した。, 1991年11月場所で、自身初の三役となる新小結に昇進したが、7勝8敗と負け越し。さらに翌1992年3月場所と同年7月場所を、相次ぐケガで途中休場(2場所共にのち再出場、但し3月場所は14日目から再休場)するなど、小結と前頭の地位を上下する足踏み状態が続いていた。しかし2度目の再小結だった1993年3月場所は、初日から7連勝と絶好調。中日(8日目)で当時関脇の武蔵丸戦で初黒星を喫したが、12日目には宿敵・当時新横綱の曙を下し殊勲の星を挙げるなどで、14勝1敗の成績で自身初の幕内最高優勝を達成した[6]。因みに優勝した場所は新大関に弟の貴ノ花がいたが、新大関がいた場所で関脇以下の優勝が見られた事例は、戦後の15日制下では史上4例目[7]。, 1993年5月場所直前に、四股名を若花田から若ノ花に改名。同5月場所では新関脇で10勝5敗と二桁白星を挙げ、幕内上位で3場所合計34勝11敗の成績となったが、3場所前に前頭3枚目(10勝5敗)の地位だった事がネックとなり大関昇進は見送られる。さらに同場所千秋楽、当時大関の小錦との取組では明らかに小錦の手が先についていたのに、行司軍配は小錦の方に上げられ、しかも物言いもつかなかったため、若ノ花の負けとされる不運もあった(千秋楽の翌日、当時の鏡山審判部長(元横綱柏戸)はこの一番に物言いをつけなかった責任を取り、辞表を提出しようとする事態となった)。, それでも、翌1993年7月場所には最後まで優勝を争い13勝2敗の成績を挙げ、横綱曙・大関貴ノ花(当時の四股名)と共に3名で優勝決定巴戦に出場。惜しくも巴戦初戦で曙に敗れ優勝は逃したものの、三役の地位で3場所合計37勝8敗の好成績により、同年7月場所後文句無しで大関に昇進。増位山、弟貴乃花に次ぐ親子大関、伯父・実父に次ぐ兄弟大関となった[6][1]。, なお当時の若乃花は、前場所11勝で優勝同点・直前場所14勝の優勝と、現在の横綱昇進基準で有る「大関で2場所連続優勝、, この時の会見で弟の貴乃花が他人行儀に「花田勝氏」「勝氏」と呼んだことが話題となり、, Sports Graphiv Number PLUS April 2017(文藝春秋、2017年4月10日)p81, 第66代横綱若乃花 花田勝『独白-ストロング・スピリット』文藝春秋、2000年、45-50頁。, 北辰堂出版『昭和平成 大相撲名力士100列伝』(塩澤実信、2015年)168ページから169ページ, 『嫌いなことでも好きになれる。』魁皇博之・著作より。尚魁皇も若乃花と同じく1988年3月場所初土俵「花の六三組」の, 『大相撲杉並場所展 : 阿佐ケ谷勢その活躍と栄光の歴史』(杉並区立郷土博物館編、1991年), Sports Graphic Number (文藝春秋)2019年2月28日号 p36, Sports Graphic Number (文藝春秋)2019年2月28日号 p38, 花田虎上 横綱昇進断るつもりだった…角界入りは貴乃花守るため両親に強いられた デイリースポーツ 2014年11月20日(木)12時21分配信, 花田虎上が「若貴対決」のエピソード告白 あの時は一番大好きな弟だった…現在はまだ「連絡はない」, 花田虎上、若貴兄弟決戦振り返り「あの時は一番大好きな弟…」和解への進展は- 記事詳細|Infoseekニュース, 花田虎上がAbemaTVの大相撲生中継で、相撲芸人・あかつを相手に実演解説(画像1/3) | 芸能ニュースならザテレビジョン, 相撲芸人あかつ、花田虎上と夢の共演 無言で解説補助も存在感ばっちり 持ちネタもギリギリぶっこむ, https://www.sankeibiz.jp/business/news/100506/bsg1005061854002-n1.htm, 花田勝氏が相続を放棄 唐突と貴乃花親方 (共同通信) - goo ニュース(2005年7月4日), https://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20071004-265248.html, https://www.oricon.co.jp/news/61123/full/, https://www.oricon.co.jp/news/2030613/full/, 花田虎上氏、足の親指がちぎれそうになった過去を明かす「骨付きウインナーみたいに……」, 元若乃花、白鵬の立ち合いに若手力士へ注文「何か考えないと世代交代はない。ずっと優勝されていく」, 花田虎上氏、弟・貴乃花との優勝決定戦の質問に「八百長してないです。僕は死んでもしません」, MSN-Mainichi INTERACTIVE 今日の話題(2005年7月4日), https://www.sanspo.com/sports/news/20171123/sum17112321210021-n1.html, https://www.hochi.co.jp/entertainment/20171210-OHT1T50112.html, “貴乃花親方と協会の食い違う見解…兄・花田虎上が語る弟への思い - FNN.jpプライムオンライン”, “花田虎上 母・藤田紀子と関係悪化…「裏切られた」 貴乃花も絶縁状態/デイリースポーツ online”, https://www.daily.co.jp/gossip/2018/06/01/0011315404.shtml, 花田虎上、弟・貴乃花の急接近に複雑胸中「ちょっと待って」|Infoseekニュース, https://www.tv-tokyo.co.jp/broad_bstvtokyo/program/detail/201909/14330_201909082535.html, 大相撲ファン待望の特別番組を「ABEMA」で生放送決定 三役以上の力士がリモートで生出演!今の想いをインタビューで語る 歴史に残る名取組100選を、「土俵際の大逆転劇集」「豪快な取組」など テーマ別にプレイバック!, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=花田虎上&oldid=80275844, 1993年7月 - 貴乃花・曙と共に優勝決定巴戦(13勝2敗同士)で対戦するが、初戦で曙に敗れる(優勝は曙)。同場所後, 1998年5月場所 - 12勝3敗の成績ながら、2場所連続5回目の幕内最高優勝を達成。同場所後には, 2008年11月 - ドリームアーク社の代表取締役会長を退任し、12月に同社を売却する。, 現役時代はアメリカ文化に憧れており武蔵丸にアメリカ文化を教えてほしいと思ったが、私情を避けるため現役時代は私的に交流しなかった, 横綱時代は勝つことを求められる中、極度の取組に対する恐怖から睡眠薬を6錠飲んでも眠れないほどであった, 現役を引退したその日から3日程度原因不明の高熱が自身を襲い、震えによって部屋から出られなかったほどであった。急激に体重が20㎏も減少したが、場所後の最後の巡業には引退した身でありながら横綱土俵入りだけを行い、急遽曙が太刀持ちを、武蔵丸が露払いを行った, 2019年3月場所前に相撲の専門家としての記事でインナーマッスルの強化不足を昨今の力士の傾向として挙げており、また、子供の頃のスポーツ競技経験のバリエーションが少ないことにも触れている, 2019年5月19日、5月場所8日目の幕内の取組を「12年ぶりぐらい」に記者席から生観戦し、連載を持っている「, 2019年11月場所14日目のAbemaTVの中継で「これから入門する人は、元々親方がどういう相撲を取った人かを調べて入ったほうがいいと思います。親方も教えやすいですしね」と、今後角界入りを目指す若者へアドバイスを送った, 2007年に花田美恵子と離婚。「正式に書面を提出し離婚という道を選ぶ事になりました。2人で時間をかけて話し合い、このような結果となりました。出逢えたこと、4人の子供を授かったことなど13年間の結婚生活に感謝しています。これからも2人を温かく見守って頂けると嬉しく思います」と所属事務所を通じてFAXでコメントしている。一方、美恵子元夫人は『, 前妻の美恵子がマスコミに見せた良妻ぶりは「演技」であり、逆に子供の運動会の前日に飲酒して帰ってきたら運動会に間に合わないように目覚まし時計を設定するという仕返しを受けたこともあると、2013年7月8日放送分の, もともと角界には入るつもりはなかったが、弟を守る壁になれと両親に迫られ、横綱になったら引退して好きなことをさせてもらう約束で入門した, 1998年5月場所千秋楽で白星を挙げて横綱昇進を決めた時も嬉しくないと思い、むしろ「横綱になっても横綱相撲は取れない」「辞めるしかない」と不安で一杯だった, 1998年9月場所直前に父親の11代二子山が「貴乃花は懇意にしている整体師から洗脳されている」と発言したとする「貴乃花洗脳騒動」が発生以来、実弟とは絶縁状態である。直接の話し合いもなくメディアを使い一方的に実弟に非難をされており、2005年5月の父親死去の折も同様の形で非難をされている, 2019年3月20日の公式ブログで、その半年前までテレビ出演時に弟の写真はおろか名前を使うことも出来なかったことを明かしている, 2017年11月場所に発覚した日馬富士による貴ノ岩への暴行事件に関しては、11月14日の, 「憶測が憶測を呼び何が真実かわからなくなっている今、被害者が何も発言していない今、当事者でない私が何を話しても説得力がない」(11月23日)として、当初は週刊誌やテレビなどのマスコミへ取材には応じない意向を表明していた, 2018年9月25日に弟の貴乃花が退職表明をしたときは「"貴乃花"という部屋を興して頑張っていたので、もったいないなという気持ちはありますけど、あれだけ相撲が好きだったところに、"相撲道"とずっと言っていたので協会にいた方がいい人材である」と退職を惜しむコメントを出した。協会とのことについては、「, 2019年5月の一般社団法人の設立には「どういう風にやっていくのか楽しみにしている。『頑張ってください』としか言えない」とコメントした, 母親の藤田紀子については、日馬富士による暴行事件で弟の貴乃花を庇う言動をしたことや貴乃花が相撲協会退職後に家族の和解を望むことを仄めかした折に再会を望んだ心情について理解を示し、母としての願いが叶うことを望む発言をしている。しかし、自らの立場・考えは母親とは異なることも明言している。, 2019年1月26日の公式ブログに「今後は利害関係なく、ただの親子になります。考えが合わないのでどうするべきか考え抜いた結果です。そうすることで親子として普通に接することができるのではないかと考えたのです」というコメントを出し、母・藤田紀子と2008年に再婚した倉実夫人と子どもたちで会食をしている写真を掲載した。今後は母親と仕事を関係させないプライベートで交流する, 連続6場所勝利:70勝(1996年3月場所〜1997年1月場所、1998年3月場所〜1999年1月場所), 幕内最高優勝:5回(1993年3月場所、1995年11月場所、1997年1月場所、1998年3月場所、1998年5月場所), 技能賞:6回(1991年9月場所、1992年1月場所、1992年5月場所、1993年1月場所、1993年3月場所、1993年7月場所).
生年月日:1953年4月3日(66歳) 角界のイケメンと言えば現役なら遠藤か朝乃山か、親方衆であれば元寺尾の錣山親方か元旭豊の立浪親方かというあたりをまず思い出しますが、元間垣親方の56代横綱の二代若乃花の現役時代も相当なものでした。, 横綱引退後は年寄間垣を襲名して部屋持ち親方として頑張っていたのですが、病に倒れて車椅子の生活になります。そして、なんともすっきりしない形で定年を待たずに相撲協会を去ったのですが、その後の姿が悲しすぎます…。, 若乃花と聞くと『おにいちゃん』の三代若乃花か土俵の鬼と恐れられた初代若乃花を連想することが多く、北の湖全盛時代に重なったことで横綱として目を見張るものがなかった二代若乃花は横綱としてはやや地味な存在と言えるかも知れません。, しかし、色白で整った顔立ちで女性人気に火がつき、取組中なぞジャニーズのコンサートかと思うほどきゃーきゃーと黄色い悲鳴が上がっていました。それを思うといまどきの相撲ファンの女性はずいぶんお行儀がいいよなと思います。, 大関に昇進した時の二代若乃花。当時はまだ若三杉の四股名でした。どうでもいいけど、四股名札が豪華ですな。右隣はこの前角界を去った貴乃花さんのパパ、幕内の札の左は先代の鳴戸親方、稀勢の里や高安の師匠です。, ある番組にゲストとして横綱に昇進したばかりの二代若乃花が呼ばれていて、視聴者の中から抽選で1名、電話で若乃花と話ができるんですよー!という企画をやっていたことがあります。, 当選した女性と若乃花は電話越しに緊張しつつ当たり障りない話をしていたのですが、司会者が「では最後に横綱に言って欲しいことをお伺いしましょう」と水を向けると、電話の向こうの女性が言ったことがすごい。, 若乃花、照れながらそっと受話器に唇を押し当て、静かに企画は終了。電話の向こうの女性がどれほどうっとりした顔で受話器に唇を当てていたかと思うと…子どもながらに引きました(苦笑), 相次ぐ病気とケガで二代若乃花は横綱としては決して華々しい活躍とは言いがたかったように思います。1983年1月場所を最後に29歳9ヶ月の若さで土俵を去り、年寄 18代間垣を襲名しました。, 実は、二代若乃花の師匠の初代若乃花は、若三杉を娘婿として迎えて二子山部屋を継がせるつもりで若三杉の横綱昇進に伴って若乃花の四股名を与えました。, 二代若乃花は好きな女性がいるので縁談を断りたかったのですが、親方に無理やり結婚させられてしまいます。鬼と呼ばれた初代若乃花の二子山さんは稽古がキビシイだけでなく大変にワンマンな人だったようです。, 渋々結婚した二代若乃花は交際していた女性とは別れず、結局1年ほどで離婚。当時の週刊誌によると、結婚したものの夫婦生活はまったくなかったということでした。, そういったゴタゴタのせいで、師匠の二子山親方(初代若乃花)は二代若乃花の引退後の年寄名跡を用意していませんでした。, そのため二代若乃花はすでに17代間垣として弟子衆の指導にあたっていた元関脇・荒勢から年寄名跡を譲り受けて18代間垣を襲名し、二子山部屋から独立して間垣部屋を興したというややこしいいきさつがあります。, 間垣を襲名してからも再婚した女性(結婚前から付き合っていた女性)が2005年に亡くなる悲劇に見舞われます。, その寂しさを紛らわすために深酒をした結果、自身も2007年に脳出血で倒れ、車椅子の生活に。その後も行き過ぎた指導の暴力事件やら弟子の不祥事やらいろいろありました。, 間垣親方は不自由な身体では満足な指導もできず、弟子衆の数も少なかったため部屋の経営に行き詰まります。, 2013年3月限りで部屋を閉鎖して、弟子衆とともに伊勢ヶ浜部屋に移籍。その時つれていた弟子の一人が照ノ富士です。, 最後にはちゃんこの材料にも事欠いて近くの部屋に食材を借りるほど困窮していたと言われた間垣部屋ですが、その頃のことを照ノ富士が幕下に陥落するまで付け人をしていた兄弟子の駿馬さんは「とにかく大変だった。ちゃんこに肉を使うなんて考えられなかった」と述懐していました。, 相撲協会の定年は65歳ですが、間垣親方は定年まで5年も残して協会を去りました。というか、去らざるを得なくなりました。, 2013年12月、年寄名跡を協会が一括管理することになり、名跡証書の提出を各親方衆に求めましたが、間垣の名跡証書はその時当時まだばりばり現役だった時天空の手元にありました。, ところが時天空と間垣親方の間で証書のやりとりがうまくいかなかったために期日までに証書を提出できず、間垣さんは親方として協会に残れなくなってしまったのです。, 現役の親方が自分の年寄名跡証書を他人に渡すなどあってはならないことです。どういう事情で時天空が証書を持っていたのかは明らかにされませんでしたが、時天空が提出を拒んだところをみると、名跡証書をめぐってお金の貸し借りがあったのかもしれないなと思います。, 結局間垣親方は退職という形で相撲協会を去ることになったのですが、弟子衆の不祥事の対応などでそれって親方としてどうなの?という態度が目に付いていたこともあり、協会内に引き止める人はほとんどいなかったということです。, かつて間接キスを求められるほどの男前ぶりだった間垣親方、協会を去ってからの消息はほとんど伝わってきません。しかし、相撲とは無関係の集まりなどにはたまに顔を出したりもしているようです。, 脳出血の後遺症で麻痺があり、言葉も不明瞭になってしまった間垣親方ではありますが、病のためとは言え すっかりおじいちゃんです(涙)あんなにイケメンだったのに…, 親方時代に身の回りの世話をしていた弟子が今も生活の手助けをしているということですが、伸びきったカーディガンの袖口を見るに 決して生活は楽ではなさそうに感じます。, ひっそりと退職後の生活を送っている元二代若乃花。親友だった元横綱隆の里の鳴戸親方や北の湖理事長、元横綱輪島など、同じ時代に土俵にあがった人たちが相次いでなくなり寂しい思いをしていることでしょう。,