総合力が高く、かなり実戦的なモデルなので、ぜひ多くの方に試して欲しいモデルですわ!! 【ベスト】 テーラーメイド「グローレF2」ドライバー ; コラム RSS ゴルフ体験主義. !」となってしまったモデルです。では、そんなドライバーから行ってみましょう。, まずはブランドカラーですが、白と青は先代から変更無し。でも、ソールデザインは先代と別モノですね。まずはスピードポケットですが、先代よりもハッキリ刻み込まれた印象ですね。グローレのブランドバッジもトゥ側からネック側に移動し、ウエートもやや後部に移動されていました。, フェースはややディープ気味ですが、形状的には先代と全くの別モノ。今回のF2のほうが全体的に四角くボクシーなイメージに変更されていました。, ボディも、F2はよりディープ気味でした。クラウンがこんもりした感じですが、ヒップダウンしているような感じですね。トゥがなめらかにカーブしているのが、特徴的ですね。, 構えてみるとこんな感じ。STDポジションでもややフックフェースでした。それを感じたせいか、写真を撮る際に、スクエアになるように構えてしまいました(汗), 今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「GL6600」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角60度、長さ46インチ、総重量290g、バランスD3.5。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量53g、トルク4.1、中調子。試打ポジションは「STD」でした。, まずは持ってみた感覚ですが、総重量的には軽め。グリップも細めでしたが、まぁ、この辺は想像の範疇でした。見た目でシャフトもやや細めに感じましたが、実際にそうなのかは計測していないため、わかりませんでした。シャフトをしならせてみると、Sにしてはやや柔らかめな印象で、1番しなるのはセンターやや先だったように感じました。素振りしてみると、ヘッドがかなりきいているような印象で、バランスD3.5にも納得です。. ビックリするほどの高弾道ですが、スピン量少なめでグングン前にいくイメージでした。1発目からいきなりスカイトラック250yをマークし、冒頭書いた「えっ!?

マジ! 金谷多一郎 フルショットで|楽に飛ばせるクラブ 同シリーズの「グローレf2ドライバー」同様にシャフトが軽めのため、コントロールというよりフルショットで楽に飛ばせるクラブ。ヘッド形状もシンプルで、弾道もイメージしやすい。つかまり感も抜群! Copyright© ?」って感じでした。むしろオフセンターヒットの方がソリッド系で、慣れた感じの打感でした。音も中音系でしたね。, 弾道は高弾道ですね。スピン量は少なめというよりも多分適量なんでしょうね。グングン前に行く感じで、今年1番というか、スカイトラック導入後ベストをマーク!! 1 グローレF2ドライバー; 2 グローレだが、シニア・アスリート向けの本格モデル; 3 シニアツアー、女子ツアーの使用率がNo.1に; 4 ヘッド形状や洋ナシ型で、アスリート感がある!; 5 拡大したスピードポケットが搭載され、スイートエリアが拡大; 6 グローレF2は、シャフトラインナップが豊富 4 グローレf2ドライバーは、ロフト角調整機能を搭載! 5 シャフトの違いについて; 6 mグローレとグローレf2を打ち比べ; 7 mグローレ、グローレf2、グローレfを打ち比べ 今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりに合いそうなイメージでした。軽量級モデルなので、最近HSが42m/sくらいのボクでも43~44m/s辺りまで上がっていますが、やはり振っていくとその分左右のブレも大きくなるような感じでした。ボク的にはHS42m/sあたりのボディターンタイプの払い打ち系の人で、持ち球的にはフェードもしくスライサーに合いそうな感じだったと思います。とはいえ、ボクレベルのヒッターであれば十分使えそうです。ミスヒットの寛容性も高いので、プレッシャーがかかるコースでもクラブかカバーしてくれると思います。今回のグローレFもすでに4代目になると思いますが、ついに初代を越えるモデルの登場かもしれません。3代目も良かったと思いますが、個人的には初代のインパクトが強く、3代目でもそのインパクトを越えるほどでは・・・。でも、今回は胸を張って言いましょう!! 実際に打ってみると、マジ、ドーン!! 2020 All Rights Reserved. 2020年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介します。, テーラーメイドから発売のグローレF2ドライバーについて、試打した感想と評価について商品の特徴を交えながら取り上げます。, テーラーメイドのグローレF2ドライバーは、グローレFドライバーの後継モデルです。実は後継モデルも正式な名前はグローレFですが、動画や画像でF2という表記が使われているため、グローレF2と呼ばれています。, もともとグローレは日本向けのやさしいシリーズとして開発されたシリーズで、2012年3月にグローレドライバーがリリースされています。, グローレシリーズのコンセプト ■KAZ’sインプレッション(10点満点) マジ!!」となったのでした。その後は若干芯を外したような感じもありましたが、それでも240yオーバーで、「ぶっ飛びじゃん!!」となったわけです。オフセンターヒットにも相当強そうなイメージでした。フックフェースに加え重心角も大きめなのか、つかまりは相当いいイメージでしたね。まぁ、オリジナルシャフトとのマッチングもありそうですが、ボクのスイングでは、ちょっとつかまりすぎのイメージだったかな。50g台のカスタムシャフトもラインアップしているので、そちらも試せば良かったですね。なにはともあれ、ご機嫌なモデルですわ~!! 「テーラーメイド グローレ f2 ドライバー」のクチコミ&スペック 「テーラーメイド グローレ f2 ドライバー」をマーク金井が検証 「テーラーメイド グローレ f2 ドライバー」を試打レポート; 前作「グローレ f ドライバー(2014年)」のスペックを見る

引用:http://tmag8624.jp/tm_japan/doc/120116_01.pdf, その中で、グローレFはまた別のカラーを持っています。「プレミアム・アスリート」という新たなコンセプトが設定され、スキルレベルや意欲の高いシニア向けにのたシリーズです。, 引用:http://tmag8624.jp/tm_japan/pr/documents/20140902.pdf, グローレF、グローレF2共にプロによる使用率も高く、リリース当時は国内男子シニアツアー、国内女子ツアーでの使用率が第1位になった本格的なモデルです。, ヘッド形状の比較のため、ゼクシオ10ドライバーと並べてみました。左のグローレF2の方は洋ナシ型で、右のゼクシオ10と比べると、ヒール寄りの膨らみが少なくなっています。, グローレF2はツアープロに好まれる形状で、アスリート感が出ています。ボールのつかまりについては、前作から重心位置が見直され、重心角が大きくなりヘッドが返りやすくなっています。ただし、シニア・アスリートというだけあって、一般的なやさしいクラブと違いますので、スライサー向けのようながっちりとつかまる仕様ではありません。, こちらは横からの画像で少々分かり辛いですが、ソールの前方に溝構造が設置されています。テーラーメイドではスピードポケットと呼ばれる溝が搭載されることで、フェース下部の反発性能が向上しています。, フェース全体として、反発エリアを広げる効果がありますので、打点が下に寄りやすいゴルファーは、ミスが許容さえやすくなっています。, 一般的なシニア・アベレージ向けのクラブは、メーカーが用意した標準シャフトのみで提供されるケースが大半ですが、シニア・アスリート向けとあって、シャフトの種類が豊富に用意され、公式ページでは5種類紹介されています。最も重いもので59gのシャフトが用意されていますので、まだまだしっかりめのシャフトを振りたい方でも、扱いやすくなっています。, フェースはディープで縦幅が長くなっています。スピードポケットが搭載されていますので、フェースの下目でヒットしても、許容性が高くなっていますので、飛距離ロスが軽減されます。, ソケット部にはカチャカチャ式の角度調整機能が搭載されていますので、自分のスイング・弾道に合わせて、調節することができます。. ■ヘッド:ボディ=9-1-1チタン、フェース=αβチタン 目次. ■シャフト(重量/トルク/調子):「グローレGL6600」(S=53g/4.1、SR=50g/4.2 、R=47g/4.9/中調子)。「ツアーAD TP-5」(S=57g/4.4/中調子)。「SPEEDER569 EVOLUTIONⅢ」(S=59g/4.5/中調子) 特にドライバーはメッチャ飛びますわ!! <テーラーメイド「グローレF2」ドライバー> これまでの最高記録は254.9yでしたが、これはPRGR「スーパーegg」ドライバーでマーク。しかし、皆さんのご存じの通り、このスーパーeggは禁断の高反発モデルなんですよね。適合モデルでこの飛距離は・・・!! お客様のブラウザはジャバスクリプト(JavaScript)に対応していないか無効になっています。詳しくはサイトポリシーをご覧ください。, KAZ 69年1月19日生まれ50歳。身長173cm、体重72kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.1』。ヘッドスピード平均44m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata, 10月7日に発売されたテーラーメイドのニューモデル「グローレF」シリーズ、通称「F2」を試打してきましたので、早速レポしてみましょう。それにしてもこのシリーズ、すんごいですわ~!! ■価格:「グローレGL6600」装着モデル1本8万5000円+税、「ツアーAD TP-5」「SPEEDER569 EVOLUTIONⅢ」装着モデル各1本10万5000円+税。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); -飛距離が出るドライバー, テーラーメイド ■備考:左用なし, (C)2020,Nikkan Sports News.

Pubg エイムアシスト プロ 22, 独身 保険 いらない 8, フラットコーテッドレトリバー 訓練 済み 5, Vb Net Circle 4, 美容師 嬉しい 客 6, マイクロカレント ローラー 効果 4, Ielts パスポート コピー 5, ドライブ シャフト ブーツ 接着剤 5, キスマイbusaiku マイコ役 2020 42, 飛行機 折り紙 平面 23, アウディ Tt シフトロック解除 18, Ak47 次世代 分解 42, Lightroom Exif 透かし 12, Machida Kun No Sekai 7 Zip 9, Bluetooth ファイル転送 速度 7, 黒い砂漠 プレミアム キャラ とは 4, 腕 赤い斑点 内出血 9, 早稲田 商学部 入試 6, タロット占い 片思い 諦める 22, M1911 フルメタル ガスガン 4, トヨタ 安全装備 遅れ 4, マッチングアプリ メンタル やられる 4,